よくあるご質問(表面シート)

内照式電飾の表面シートについて

ちょうちん造形はテント生地を表面に利用する、少し変わった立体造形です。繊細な表現でも耐久性に優れます。

Q:表面はどんな素材で出来ていますか?

A: 和紙や布の雰囲気がありますがそれらは利用しておりません。塩化ビニール系のシートであればあらゆるものが利用でき、テント生地・ターポリンの利用が適切です。屋外看板などで利用されている電飾ターポリン(FFシート)を主に利用します。造形の内容により弊社開発の「ちょうちん造形専用シート」を利用します。

Q:ちょうちん造形専用シートとは何ですか?

A: ちょうちん造形の表面用シートとして開発された、非常に伸張率の高い塩化ビニールのシートになります。厚さ0.4mmで光源をよく透過します。表面描画にはウレタン塗装を利用します。

Q:利用できるシートの種類はどうですか?

A: 弊社専用シートを始め、塩化ビニール系生地やテント生地などを利用することが出来ます。電飾ターポリンが適切な素材と考えております。ひとつの造形に対して、複数の種類のシートを使い分けて張りつけていくことが出来ます。(例:作例「ヒックリカエル」専用シート+電飾ターポリンを利用した造形)

Q:表面の描画はどんなことが出来ますか?

A: テント生地(ターポリン)で利用されている塗装手段はすべて利用することが出来ます。

描き描画による塗装、エアブラシによる塗装、生地自身の色をそのまま利用、インクジェット出力による描画などを利用することが出来ます。

Q:表面シートが破れたりしませんか?

A: 表面シートはテント生地(ターポリン)を利用しているため、非常に丈夫です。生地メーカーの仕様に準拠しますが、通常の利用で破れることはございません。ただし刃物などを利用したいたずらや、物を強くぶつけるなどの場合には破れます。破れた場合には、その面(鉄筋で囲まれた部分)のみ張り替え交換することが出来ます。

Q:継ぎ目から破れたりしませんか?

A: 表面シートは「溶着」という方法で繋ぎます。接着とは違い溶着の場合、シートは溶け合いながら一体化します。一体化しますので、継ぎ目部分が特別に弱いということはありません。

Q:表面シートは燃えませんか?

A: 上記の通りテント生地に準拠します。不燃シートを表面素材として活用すれば、不燃のちょうちん造形ができあがります。ちょうちん造形専用シートの場合、難燃性の素材となり、炎症はせず自己消化します。穴が空いた場合も同様に、シートの「部分張り替え」が可能です。

Q:耐用年数はどれくらいですか?

A: 鉄筋造形骨組は非常に耐久性がありますが、表面シートの塗装が経年劣化により色褪せします。表面の描画方法にもよりますが、各テント生地メーカーや塗料メーカーなどの耐用年数に準拠します。

Q:不燃素材ですか?

A: 弊社ちょうちん造形は、「鉄筋に幕を張る」を基本としております。表面シートに不燃素材などを利用できれば、不燃の造形とすることが出来ます。造形の形状などにより、利用できない表面シートもございます。設置場所や造形の形状、表面のデザイン(描画)がわかりましたら、詳細はお問合せをお願いします。

Q:表面シート(インクジェット出力)の支給は出来ますか?

A: 必要であれば御支給下さい、対応は可能です。ただし表面が曲面になるような造形の場合、イメージ通りにならない場合もございます。詳細は「インクジェット出力可能な仕様」をご覧ください。

Q:シートのサンプルが欲しいのですが?

A: ちょうちん造形専用シートのサンプルをご希望の場合、営業窓口までお願いいたします。(A4サイズ相当まで)

Q:シートだけを売って欲しいのですが?

A: 基本的にはお断りさせて頂いております。

サイトメニュー

株式会社 ちょうちん造形 営業窓口

ちょうちん造形へのご質問や御見積依頼などは下記営業までお願いします。

E-Mail:web@chochin-zoukei.com
TEL:072-349-9024
FAX:072-349-9028

 

■■Office不在のお知らせ■■
4/20、4/26の終日、出張のため担当が不在にしております。ご迷惑をおかけいたしますが、御用向きにつきましては、ご伝言もしくはメールにてご用件をお願い申し上げます。

▲Pagetop